性文化祭の観覧客はロリ人形の胸を揉みます。

  • 三日間の第17回性文化祭がペジオ南豊国際会議センターで閉幕しました。多くの出展店はいずれも今年のビジネスの落ち込みを示しているが
    たくさんありましたが、閉幕前の展示室は相変わらず騒がしくて、たくさんの情趣用品は人形を担当するなどとても人気があります。昨日の午前10時過ぎました。
    すでに人がいっぱいで、特に下着ショーで臨演して、ロリの実体の子供の展示台の前で最も人気があります。記者が発見したのは、当日来た市民の8割近くが男性だった。


    その中で最も購買力のある中高年男性を中心に、他にも若いカップルがたくさん来ます。ホールに入ると三分の一近くの店が目を覚まします。
    目地には「サンプルクリア」、「購入」、「発送」などさまざまな販促広告が貼られています。多くの商品の価格は10元から50元の間に決められています。sex doll一部の店ではまだ打ち出しています。
    携帯電話で二次元コードをスキャンして贈り物を送る技は顧客を引きつけて、その中に-家の出す掃-掃送の子供を掃きます。
    通路をふさいでいます。しかし、実際には、庁内の多くの市民が馬で花見をしています」と話しています。本当に買う気は多くないです。調査によると、今年は
    の性文化祭は例年より規模が縮小され、来場者数も減少しています。


    売れないです。-販売職の人は記者に「一昨年より商売が一番いいです。今年は最悪で、多くの商品が売れないです。
    莉実体の人形が特に目立つ。」また、今年は各店で一番売れているのは情趣用品だと販売員も言っていますが、全部個人客で、サインが少ないです。
    これは少ないです。また、薬品も中高年のお客さんに人気があります。記者は-医薬品ブースで見ましたが、多くの中年女性がブースの前で詳しく問い合わせています。
    薬効、一つ一つを精選し、同じ時間に、何人かの年配の男性がそれぞれ4箱の西洋参製品を購入しました。wmドール昼の12時近くに、見本市に来ました。
    民がだんだん増えてきて、多くの商店がこの機会に乗じてサンプルを売り始めました。全体の展示室はとてもにぎやかになりました。
    を選択します。ホームロリ本体の子供展示台で、市民が前に出て揉むのを見て、店主-そばで制止します。あまりにも投げ込まないでくださいと叫びました。混乱を防ぐため、一部の店は直接に店のドアを引っ張り、店の中に押し寄せる乗客を止めなければならない。