Deprecated: iconv_set_encoding(): Use of iconv.input_encoding is deprecated in /www/wwwroot/mrs-escort.com/application/libraries/Engine/Application.php on line 314

Deprecated: iconv_set_encoding(): Use of iconv.output_encoding is deprecated in /www/wwwroot/mrs-escort.com/application/libraries/Engine/Application.php on line 315

Deprecated: iconv_set_encoding(): Use of iconv.internal_encoding is deprecated in /www/wwwroot/mrs-escort.com/application/libraries/Engine/Application.php on line 316

Deprecated: iconv_set_encoding(): Use of iconv.input_encoding is deprecated in /www/wwwroot/mrs-escort.com/application/modules/Core/Bootstrap.php on line 33

Deprecated: iconv_set_encoding(): Use of iconv.output_encoding is deprecated in /www/wwwroot/mrs-escort.com/application/modules/Core/Bootstrap.php on line 34

Deprecated: iconv_set_encoding(): Use of iconv.internal_encoding is deprecated in /www/wwwroot/mrs-escort.com/application/modules/Core/Bootstrap.php on line 35
Mrs Escort - Escorts world wide - Blog View - 香水の香りの使い方は?

香水の香りの使い方は?

  • 直感:女の直感は伝説の第六感です。香水を選ぶ時には第六感がもたらす決断を必ず信じましょう!女は自分を最もよく知っていて、しかも自分の体の香りを最もよく知っているのは自分です!自分と調和のとれた香水を選ぶことが魅力のポイント!

    技術:香水を使うには時間が経ってから、最も安定した香りの調、つまり中調が揮発します!彼女は香水の主調で、約30分後には出てきます!香水は自分の肌につけておかなければなりません。wm dolls体温や体臭によって、香水は人によって匂いがするからです。

    パートナー:同じ香水を使うと思ってはいけません。香水は服装やメイクと同じように、自分の気質や格調があります。運動をするときはシャネルを散らすのはやめ、厚化粧をしたときは厚化粧をしないようにしましょう。香体露、沐浴露、シャンプーが同じ香りのものならば、その香りを最も調和のとれた形に発揮することができる。違う場合は香水やスキンケア、入浴などの香りがしないようにしましょう。

    場合:場合によって異なる香水を使うことは、場合によって異なる話をするように重要です!夜はもちろん昼よりも濃やかである。夕食会に出席するのに少し脂粉の香りの濃い香りの調を使うことができます;ビジネスミーティングならなるべく上品な香水を使いましょう。カップルがデートする場合は、カップル香水をそのまま使いましょう。

     

     

    使い方:

    1、噴霧式:噴霧器は体から20 ~ 30cmの距離を保ち、噴霧の中を通るように噴霧部位が広いだけでなく、香りも徐々に増加し、持ち続ける。

    2、塗布式:手首に香水をつけてから、反対の手首に移します。手首が温まったら、手首から耳の後ろに移してから、必要な部分につけます。しかし、両手首を摩擦しないようにすれば、香水分子を破壊します。やさしい薬指を使って、あちこちで2回押すだけだ。

    3、髪式:香水を直接髪につけないで、それは香りが濃すぎる;遠くから手に噴いて、油を塗るように引っ掻けばいい。

    4、衣服式:大部分は下着あるいは襟の後ろに噴いて、スカートの裾などの比較的に隠れる所。これで香水の色は出てこなくなり、香りも揺れて徹底的に広がっていく。綿の球や花びらに香水をつけてカバーに詰めることもできる。この方法は香水の香りを最も長く維持し、衣服を汚しにくい。衣類に香水をつけ、肌に敏感な人には特にオススメです。

     


    香水のタブー

    1、比較的に厳粛な場面で、病人や目上の人を見舞って、すべて香水を過度に使用してはいけません。

    2、時計、アクセサリー、シルク、革、毛皮などの天然織物に香水をつけないようにしましょう。ラブドールアルコール成分が素材にダメージを与えます。

    3、腋の下や汗腺の発達したところでは香水を使わず、汗と混ざり合い、変なにおいがしないようにしましょう。

    4、香水は賞味期限が3年ほどなので、暗くて陰鬱な場所に保管しなければなりません。頻繁に温度が変化しないので、車の中に入れないでください。

    5、男の香りは女性用で、女性の香りは男性用ではなく、特に甘い香り。